内水面研究所 中本 崇

念願の職場に配属されて・・・

 平成6年に県に採用されてから早8年が過ぎようとしています。最初の勤務は水産振興課で気がついたら 3年間が過ぎ、次は県栽培漁業公社で3年間種苗生産技術をみっちり(?)修行しました。 そして、現在の内水面研究所で頑張っています。配属当初は右も左も分からず戸惑っていましたが、 今では投網も上手に打てるようになりました(3回の内1回程度?)。子供の頃から川釣りが好きで、 それを理由にこの世界に入ったため、結構楽しくやっています。。

マルチタレントを目指して!!

 現在、エツの種苗生産をはじめ、アユの資源量、ブラックバス等の外来魚、底生生物の調査に河川環境調査と 多種多様な業務に携わっています。また、魚類防疫士の研修も受講しており、来年度は試験があるため、 今から頭を悩ましています。エツの種苗生産では小さなエツ仔魚がすくすくと育つ姿を見るのが非常に うれしく、逆に少しでも死にだすと毎朝水槽を覗くのが怖くてたまりません。幸い、13年度は順調に育ち、 エツ仔魚と一緒にTVデビューも果たしました。次は下筑後川漁協が新設したエツ等種苗生産施設でたくさんの 仔魚が生産できるように努力するつもりです。仕事は忙しくて大変ですが、趣味の釣りとパチンコを息抜きに 何でもこなせるように頑張っていきたいと思っています。

Vol.12 Topへ