なみなみ通信Vol.17

第30回ノリ養殖技術研修会を開催します 

 来る7月24、25日、有明海研究所においてノリ養殖業の若手後継者を主な対象としたノリ養殖技術研修会が開催されます。本研修会は、今年で開催30回目を迎え、今日までの延べ参加者数は900人近くに上ります。ノリ養殖で欠かすことのできない顕微鏡の使い方を始め、ノリの生長評価や病害の発見と対策などの知識を身につける目的で実施します。
vol17_kensyuu.jpg (20185 バイト)
vol17_program.jpg (27707 バイト)

(有明海研究所のり養殖課)

 

漁船漁業をされる皆さんへ(漁政課からのお知らせ)

 平成14年2月に「小型漁船の総トン数の測度に関する省令」(以下、省令)が、同年6月に「船舶職員及び小型船舶操縦者法」(以下、法)が改正されました。これにより、漁船漁業をされる皆さんは、下記の事項を遵守する必要がありますので、今後の操業の参考にしてください。

(船名の表示義務)
○従来は義務ではなかった5トン未満の小型漁船の船名表示が義務化されました。これにより、特殊な構造を有する船舶以外は、船首両舷に縦、横各10p以上の国字で表示しなければなりません(省令第4条)。これに違反すると2万円以下の罰金に処せられます。


(救命胴衣の着用義務)
○無線などを積載せず、僚船が近くにいない漁場でかつ一人で操業する漁船は、救命胴衣の着用が義務づけられました。また、漁船に12歳未満の子供を乗せる場合も、救命胴衣の着用が義務づけられました(法23条第30)。これらに違反した場合は、操縦免許の停止などの行政処分の対象となります。

vol17_toiawase.jpg (10956 バイト)



Vol.17 Topへ