なみなみ通信Vol.23

 

「フクオカ・サイエンスマンス」でセンターと調査船を一般公開しました

 センターでは「フクオカ・サイエンスマンス(科学技術創造月間)」の一環として、11月6日(土)午前10時からセンター施設及び調査船「げんかい」・「つくし」を一般公開しました。今回は、新たな取り組みとして「福岡県ブランド水産物の部屋」を新設、県内の主要ブランド水産物を紹介した他、これまでの人気企画であるタッチングプールや、アワビマグネットづくり、タイ飯やマダイの加工品、豊前海のシバエビ試食コーナーなど、約千人の見学者で大賑わいとなりました。

 

vol23_saiensu2.gif (31799 バイト)

vol23_saiensu1.gif (27566 バイト) vol23_saiensu3.gif (32755 バイト)

 

コイヘルペスウイルス(KHV)病対策によりセンターが表彰されました

  1月17日(月)、県庁において、水産海洋技術センターと水産振興課で構成されるコイヘルペスウイルス(KHV)病対策チームがKHV病のまん延防止対策により県の職域表彰を受けました。

 

 

 

「2004あさくら”三・産・燦”秋まつり」に 参加しました

 11月13日(土)〜14日(日)の両日、朝倉町役場駐車場と町民センター他において、「2004あさくら”三・産・燦”秋まつり」が開催されました。この祭りは、地域の活性化のため文化祭、産業まつり、生涯学習フェスティバルの内容で行われているもので、今年は、とびうめ国文祭「あさくら水車フェスタ」も併催されました。
 内水面研究所も毎年、テント会場の一角に「さかなと遊ぼうコーナー」として参加しています。パネル展示やミニ水族館による淡水魚の展示の他、ウナギのつかみ取りなどを行い大勢の子供たちで賑わいました。

 

vol23_matsuri1.gif (45387 バイト) vol23_matsuri2.gif (40876 バイト)

 

Vol.23 Topへ