なみなみ通信Vol.26

 

少年水産教室を開催しました

 8月1〜2日に県立水産高等学校において、漁業後継者の育成を目的に水産教室を開催しました。
県内各地から中学1年から3年の生徒さん25名が参加しました。

1日目は、ロープワーク実習から始まり、2班に分かれて潜水実習、ウィンドサーフィン実習を行いました。

2日目は、早朝、体験漁業として前日仕掛けた雑魚カゴをみんなで引きあげました。マダコを始め、セイゴやイシガニなど様々な魚介類が獲れました。大漁だった生徒さんは自慢げに雑魚カゴを友達に見せていました。その後も2班が入れ替わって潜水実習、ウィンドサーフィン実習、クイズ大会と続き、あっという間の2日間でした。

生徒たちも、途中で具合が悪くなったり、大きなケガすることなどもなく、楽しい2日間だったようです。来年も開催予定ですので、多くの皆さんの参加をよろしくお願いします。

(筑前海区指導普及員室)

センター「おめで鯛まつり」開催!!

 福岡県では、毎年11月を「フクオカ・サイエンスマンス(科学技術創造月間)」と位置づけています。その一環として水産海洋技術センターでは「おめで鯛まつり」と称して、今年は11月23日の勤労感謝の日にセンター施設と調査取締船「げんかい」「つくし」を2会場に分けて一般公開します(入場無料)。
 センター会場では、ミニ水族館やタッチングプールでの海・川の生き物との触れ合い、焼きカキ試食、有明海のノリすき体験、アワビ貝殻マグネット作りなどの体験コーナーや特産品・加工品の試食コーナー、各実験室での生き物観察のほか常設の水産資料館での3Dシアター上映など盛りだくさんの催し物を用意してします。また、調査取締船会場では、普段見られないハイテク観測調査機器の展示説明を聞いたり、調査船内を見学できます。
 職員一同、たくさんの方のご来場をお待ちしています。会場への案内ほか、詳細についてはセンター企画情報課(TEL092-806-5251)までお問い合わせ下さい。


Vol.26 Topへ