なみなみ通信Vol.26

豊前海研究所 浅海増殖課 中川 浩一

再び、豊前海へ

 平成7年に豊前海研究所に配属され、5年間、二枚貝の種苗生産やカキ養殖等を担当してきました。このとき豊前の海の素晴らしさ、海の幸に惚れ込んでしまいました。
その後、12年から5年間、県庁の漁政課で勤務し、漁場環境保全、漁船登録、漁業取締等に関する業務を担当しました。しかし、豊前海での水産現場に対する熱い気持ちは抑えられず、本年度から念願かなって再び豊前海研究所で勤務することとなりました。なにぶんいい加減なわたしですが、県庁でもまれた行政経験を生かし、以前より真面目に業務を行いたいと思っています。みなさんのご支援宜しくお願いします。

 

浅海増殖課での仕事

 浅海増殖課では、カキ養殖、普及業務等の主担当をしており、カキでは、台風にも負けない耐波性イカダの開発を行っています。
先日の台風14号がやってきた時には、漁業者の方からは、「研究所のイカダは本当に大丈夫か」とからかわれ、その都度、「大丈夫です。」と当然のように返答していましたが、実際には、研究所の積み重ねてきた数多くの失敗の歴史が、プレッシャーとして心に重くのしかかっていました。結果的には無事、無傷で台風を乗り切ることができ、耐波が大破にならずに良かったと、ほっと胸をなで下ろしました。
また、月に何回かは蝟集効果を確認するために、魚礁に潜る機会がありますが、5年間のブランクは大きく、以前のようには魚たちが近くに寄ってきてくれず、困っており、リハビリしているところです。
その他にも、先輩方の手伝いで調査に出かけることも多く、ほぼ毎日のように、海上調査や浜廻りに出掛けています。これから現場でお会いする機会も多々あることと思いますので、その際にはよろしくお願いします。

 

趣味

趣味は家庭菜園です。家の小庭を利用して、今年はトマト、ジャガイモ、ピーマン、ゴーヤ等、10種類以上の野菜を育てました。有機栽培をモットーに、除草剤、農薬、化学肥料を一切使用せず、がんばっています。草むしり、虫取り等、手入れは結構大変ですが、家でとれた野菜の味は格別です。

 

vol26_shokai1.jpg (11207 バイト) vol26_shokai2.jpg (11262 バイト)

Vol.26 Topへ