なみなみ通信Vol.26

 

外部評価委員会が開催されました

 平成17年度福岡県水産関係試験研究評価委員会(外部評価委員会)が去る9月16日に水産海洋技術センターで開催されました。この委員会は、試験研究の効率的、効果的な実施と活性化等を目的に水産海洋技術センターが実施する試験研究課題について、学識代表3名、生産者代表4名、消費者代表1名からなる外部の有識者によって客観的な評価を受けるものです。
 今年度は終了課題(16年度に終了したもの)18課題、中間時課題(5年計画で17年度が3年目に当たるもの)1課題、新規課題(18年度から始まるもの)13課題の計32課題について、評価や助言をいただきました。
委員からは、終了課題及び中間時課題については、十分に成果が上がっていること、新規課題についても課題設定が適切であることなど高い評価を頂きました。センターでは各試験研究課題に対する適切な助言を踏まえて、今後ともより効率的で実効性のある試験研究及び漁業者への普及指導に取り組んで参ります。

 

 

恒例の夏休み体験イベントを開催しました

  今年も恒例の夏休み体験イベントとして、「今津の海岸探検☆」(8月4日)、「かまぼこを作ろう!!」(8月9日)、「大きく育て!魚たち」(8月22日)を開催し、昨年同様100名を超す参加があり、センターは子供達の歓声で賑わいました。
 また、水産を専攻している大学生を対象に夏休みを利用した就業体験(インターンシップ)を実施しました。今年は広島大学生物生産学部から2名、近畿大学農学部から1名、計3名の参加がありました。

 

かまぼこ作りを楽しむ子供達

 

標語コンクールで全国内水面漁連会長賞を受賞!

 全国内水面漁連主催の第4回全国標語コンクールで、岸垣智也さん(豊前市・合岩中1年)が優秀賞(全国内水面漁連会長賞)を受賞し、8月11日に東京千代田区の水産庁長官室での表彰式で、水産庁長官と桜井全国内水面漁連会長から賞状と記念品をいただきました。

優秀賞  岸垣智也(合岩中1年) 僕たちは 川の恵みで 生きている
佳 作   戸成佳奈(合岩小6年) 大切に 山が育てた きれいな水
入 選   栗焼洋介(合岩小5年) ぼくたちの いのちをつなぐ 川の水

 

 

Vol.26 Topへ