なみなみ通信Vol.27


「フクオカ・サイエンスマンス」でセンターと調査船を一般公開しました

 福岡県では11月を「フクオカ・サイエンスマンス(科学技術創造月間)」とし、青少年をはじめ県民の皆さんに科学への理解と関心を深めてもらうためのふれあいの場を設けています。センターではその一環として、「おめで鯛まつり」と称し、11月23日(祝)午前10時からセンター施設及び調査船「げんかい」「つくし」を一般公開しました。毎回人気のあるタッチングプールコーナーやアワビマグネットづくりはもちろんのこと、ノリすき体験コーナーや鯛めし、焼きガキ、アカモクの試食コーナーなど、千名を超す見学者が参加され、大盛況でした。

saiensumanth1_27.jpg (24017 バイト)
アワビマグネット作りの様子

saiensumanth2_27.jpg (25706 バイト)
海水の濃度を考える子供達

 

「福岡県農林水産まつり」が盛大に開催されました

  11月19日(土)〜20日(日)、福岡市中央区天神の県営天神中央公園において、第15回農林水産まつりが開催され、農林水産業特別功労賞及び農林水産賞の表彰や県内農林水産業等の展示・紹介、農林水産物の試食会や加工実演、販売等が実施されました。センターも県内3海区と内水面の生き物コーナー及びタッチングプールコーナーを出展し、子供達の歓声で賑わいました。

nourinsuisan27.jpg (28501 バイト)
タッチングプールコーナー

「2005 あさくら”三・産・燦”秋まつり」に参加しました

 11月12日(土)〜13日(日)の両日、朝倉町民センターで地域の活性化のため開催された「2005 あさくら”三・産・燦”秋まつり」に内水面研究所も行政部会の一員として参加しました。パネル展示やミニ水族館による淡水魚の展示の他、ウナギのつかみ取りなどを行い大勢の子供たちで賑わいました。特に研究所でふ化させたアユの仔魚は「かわいぃ〜」と大人気でした。
unagitukami27.jpg (26931 バイト)
うなぎのつかみ取り
ayuko27.jpg (14806 バイト)
アユの仔魚

 

Vol.27 Topへ