なみなみ通信Vol.27

加布里湾にタイマイ(べっこう亀)来る

 12月7日早朝、加布里湾沖で操業中のえびこぎ網漁船でウミガメが採捕されました。
糸島漁協加布里支所より福岡県水産海洋技術センターに連絡があり、調査した結果、「タイマイ」でした。タイマイは南方性で、福岡県では大変珍しいカメです。
 その甲羅は、ベッコウ細工の原材料として今ではとても貴重なものです。タイマイは、絶滅危惧種に指定され、ワシントン条約で保護され、輸出入は禁止になっています。
 採捕されたタイマイは甲羅長41cm 、5才程度で、長寿のカメでは、まだ子供の類です。
 現場付近の海水温はすでに20 ℃以下に低下して、タイマイは衰弱しており、このまま放置するとへい死するため(タイマイの活動水温は25 ℃以上)、マリンワールド水族館で保護して頂くことになりました。体力を回復させて、水温の上昇する頃に放流することとなりました。昨年は、福岡西方沖地震の発生等大変な年でしたが、はるばると南方から貴重なウミガメの来遊で、今年はぜひとも良い年になることを願いたいものです。

taimai.jpg (28263 バイト)

 

Vol.27 Topへ