なみなみ通信Vol.28

海況情報

 本年度の冬は、12月に寒波が訪れたため、例年になく冷え込みました。水温は、筑前海沖合部、沿岸部では1、2月、有明海では12〜3月が、豊前海では12、1月が低めで推移しました。(筑前海は時化のため12月は欠測)


糸島地区のカキ小屋、人気上昇中

 糸島地区では、近年、カキ養殖業が盛んになってきており、週末ごとに、カキ小屋はたいへん賑わっています。カキ小屋のシーズンは、だいたい11月から5月の上旬頃までで、特に、12月から2月の週末には多数が訪れ満員になるほどです。カキの食べ方は、炭火による焼きガキがメインですが、ほかにもカキ飯等のサイドメニューもあります。福岡都市圏から車で1時間前後で、ドライブがてらのカキ三昧を満喫できるため、年々、人気は上昇しています。
 また、カキ養殖業者で組織している糸島地区かき養殖研究会では、養殖漁場の持続的利用と衛生的な出荷方法を定めたカキ養殖方針を作成し、安心・安全対策に取り組んでいます。センターでは、今後とも養殖研究会と連携し、食の安心・安全対策に努めていきます。


賑わっているカキ小屋


(研究部 浅海増殖課)

 


福岡湾のワカメ養殖順調です

 福岡県の筑前海域は、各地で冬期の貴重な収入源としてワカメ養殖が行われています。養殖ワカメは、天然ワカメより早く、2月頃から収穫出来るのが特徴です。
 今年は記録的な寒さとなり、冬に成長するワカメは平年より早いペースで水温が下がったため順調に生長しました。県内で最もワカメ養殖の盛んな福岡湾の漁場でも生育は良好で、2月になると全長2mを超えるワカメも多数見られました。近年、生産量が低迷していた福岡湾のワカメ養殖ですが、今年の収穫量はここ5年で最も多くなりそうです。
 2月中旬から3月にかけて収穫された福岡湾の養殖ワカメは、すぐに湯通しして塩ワカメに加工され、宅配便などで県内はもちろん全国各地へと発送されるなど、特産品となっています。養殖ワカメの収穫が終わると、今度は各地で天然ワカメの収穫が始まります。冬の寒さに恵まれてすくすくと生長したワカメを、春の恵みとして是非ご賞味下さい。

福岡湾のワカメ
wakame2_28.jpg (34258 バイト)
最大長は2メートル!!

(研究部 浅海増殖課)


有明ノリ養殖経過と生産結果

1.養殖経過
(1)秋芽生産期
 10月6日に始まった採苗は、高水温のため、全体的に芽付きが薄い状態でのスタートとなりま した。また、10月下旬には栄養塩の減少による色落ちと当初は苦難の連続でした。しかし、11月上旬の降雨の後は色落ちも回復し、天候にも恵まれて順調な生産が行われました。

(2)冷凍生産期
 冷凍網出庫は12月11日から始まり14日には作業を終えました。今年の冷凍網は入庫時に降雨による乾燥不足の網も見られ心配されましたが、張り込まれた冷凍網の状態はおおむね良好であり、病気を起こす細菌類もほとんど見られませんでした。
 今年度の冷凍網生産期の大きな特徴として、低水温があげられます。12月上旬の寒波以降、水温が平年と比較して1〜4℃低い日が1月上旬まで続きました。この影響で生産量は伸びなかったものの、3〜4回摘みまで味のある柔らかいノリが収穫できました。次にノリの「色落ち」の原因となる植物プランクトンの発生が少なかったことです。12月中旬から1月上旬にかけて一時的に植物プランクトンが増加し、沖よりの漁場で軽度の「色落ち」が見られました 。しかし、その後は植物プランクトンが増加しなかったことに加えて、漁期の後半は比較的降雨が多く栄養塩が十分量で推移したことから、冷凍生産期は順調に生産が続けられ、8〜10回の摘採を行うことができました。

2.生産結果
 平成17年度の総生産は枚数14.8億枚、金額152.4億円、平均単価10.3円と、枚数・金額いずれも平年を上回る好成績をあげることができました。


(有明海研究所 のり養殖課)


有明海のアサリ資源保護について

 有明海福岡県地先では、平成16年秋発生群と考えられるアサリが多く発生しており、昨年の10月に続き18年2月に調査を行ったところ、アサリの生残は順調でした。ただ、成長が遅く、現在設定しているアサリ保護区の採捕禁止期間(H17.12.15〜H18.3.31)が18年4月30日まで1ヶ月延長されました。
 アサリの成長が遅い原因については、一部の漁場で最大30,000個/uを超える高い生息密度にあること、例年見られる植物プランクトンの大規模な発生がなかったことによる餌不足等が考えられます。保護区内は依然として密度が高いため、間引き、漁場の有効利用等を図るために移植放流を予定しています。県規則に定める殻長制限(30o以下の採捕禁止)及び保護区における採捕禁止は漁業者だけではなく遊漁者を含む全ての人が対象です。有明海のアサリを守るためには、有明海の恵みを受ける全ての人の理解と協力が必要です。

(有明海研究所 資源増殖課)


海水産ミジンコの大量培養にメド

 現在、栽培漁業で放流される人工種苗(クルマエビやアユなど)の大量生産では、ふ化間もない頃に与える初期餌料にアルテミアというエビの一種を多く使用しています。このアルテミアは海外の塩湖で天然に生息しているため、生産量が変動するなどの問題があり、安定して人工種苗を生産するためにはアルテミアに代わる餌料の開発が重要な課題の一つとなっています。
 そこで、内水面研究所では、初期餌料として使える海水産ミジンコ(D.celebensis)の大量培養技術を開発しました。

○従来、数個体/mlの培養密度レベルであったものを当所が開発した培養システムを応用し、500L水槽で32〜62個体/mlの高密度で培養できるようになりました。

○海水産ミジンコがクルマエビなど海産有用種等でアルテミアと同等な餌料効果を持つことを確認しました。


海水産ミジンコ大量培養装置
(かくはん装置付近の黒くみえるものは、ミジンコの餌料となるクロレラです)


収穫した海水産ミジンコ

海水産ミジンコ(D.celebensis )

(内水面研究所)

Vol.28 Topへ