なみなみ通信Vol.31



 新年明けましておめでとうございます。皆さまには健やかに新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
 昨年は、新北九州空港の開港、北部九州での自動車生産1 0 0 万台達成、九州国立博物館の大盛況など、福岡県にとって明るい話題の多い年でありました。 水産業におきましても「福岡のり」「博多もずく」等新たな水産ブランド品の開発、各地での水産物直販所の活発な展開など、充実した年でした。今年は、これらの成果を生かし、福岡県のさらなる発展を目指してまいります。
 本県は筑前海、有明海、豊前海の特色ある三つの海と内水面を擁し、それぞれの地域で特徴ある水産業が行われています。水産業は県民の皆さまに安全で新鮮な水産物を安定的に供給するという重要な役割を担っております。このため、県では「地域の特徴を活かした水産業の持続的発展」を基本理念に掲げ、安全・安心な水産物の安定的供給や、資源づくり、経営感覚のある人づくり、都市と共生する漁村づくりなどに取り組んでおります。
 また、水産海洋技術センターでは地域ニーズに対応し、水産関係者と連携を図りながら試験研究や技術開発を積極的に推進するとともに、その成果の迅速な情報提供・技術の普及に取り組んでまいります。皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いします。
 本年が皆さまにとって素晴らしい一年となりますよう心からお祈りいたします。


福岡県知事 麻生渡


Vol.31 Topへ