なみなみ通信Vol.33


                                                                                      かたやま  さちえ
水産海洋技術センター 研究部応用技術課 片山 幸恵

今年で11年目・・・
 私は、早いもので今年入庁11年目を迎えます。この10年間に豊前海研究所と水産振興課という2つの職場で勉強させていただきました。学校出たての私は現場の漁業に疎く、研究所で女性の水産職員が初めてだったこともあり、いろいろと困惑する事も多かったのですが様々なことを諸先輩方に教えていただきなんとか水産の中で仕事を進めることができました。当時何も知らない私を暖かく迎えてくださった漁業者のみなさんにもこの場を借りて感謝申し上げます。水産振興課在任中には結婚と出産という人生の大事業にも着手しました。出産後2年間は育児に専念し、今年4月に長いブランクを乗り越えて現所属で復帰しました。担当は水産加工です。一生懸命頑張りたいと思います。

加工の研究業務を勉強中
 水産加工と普及業務を担当します。水産加工ではこれまで行ってきたアカモクの加工研究を引き続き進めていくとともに、今年度から冷凍アサリの開発も大きな課題の一つとして始まりました。今はアサリを解凍しては試食してみる毎日です。その他にもワカメやタコ等の加工品試作にも取り組んでいます。しかし、何分加工分野の仕事は初めてですので、早く一人立ちできるようみなさんのご支援をよろしくお願いします。

お家での私
 一児の母として毎日家事に奮闘中です。忙しいにもかかわらず最近は編み物にはまってしまい、鍋敷きやコースターなど作っては家族で使っています。そして先日念願のミシンを手に入れたので大作を作る事が今の夢です。


info-1_1.jpg (25508 バイト)



Vol.33 Topへ