なみなみ通信Vol.41


有明海区研究連合会の荒巻孝章さんが水産庁長官賞を受賞!

 6月4日に東京都で開催された第59回浅海増殖研究発表全国大会(浅海増殖研究中央協議会主催)において有明海区研究連合会の荒巻孝章さん(浜武漁協)が、「平成20年度早期に発生した壺状菌病への対策」について発表し、水産庁長官賞の栄誉に輝きました。
 発表の中で荒巻さんは、20年度漁期早期に発生した壺状菌病への対策として、@冷凍網の検診を行い、壺状菌病の感染が見られた網は漁場に張り込まないように指導したこと、A壺状菌病の感染により手持ちの網が少なくなった漁業者に救援網の手配を行ったこと、B集団管理により壺状菌病の感染拡大を防いだことにより、平年並みの生産量を確保できたことを報告しました。研究連合会の取り組み内容とその成果が高く評価され、今回の受賞となりました。




訂正とお詫び
 前号のなみなみ通信(VOL.40)に登載いたしました平成21年4月1日付けの人事異動について、誤記がありました。
 つきましては下記のとおり訂正いたしますのでよろしくお願いいたします。




Vol.41 Topへ