なみなみ通信Vol.44

研究部応用技術課 技師 小池 美紀(新規採用)

 おやっとさぁー!(「お疲れ様」という意味です。)
 4月1日付けで水産海洋技術センターに配属されました、新規採用の小池美紀です。
 私は、九州最南端の鹿児島から北上して来ました。家の前には錦江湾が広がっており、毎日の遊び場は海で、祖父母は漁師という環境で育ったため、海が大好きです。
 福岡は、三つの海域に囲まれ、様々な魚介類が生息していると聞き、どんな魚たちに会えるか今からわくわくしています。
 私自身、鹿児島から出たことが無く、福岡もはじめてです。
 右も左も分からないひよっこですが、先輩方の指導のもと一日も早く皆様のお役に立てるよう、日々精進していきたいと思っています。
 鹿児島大学では、養殖学を専攻し、マダイを飼育していました。この経験を生かして、いつか養殖分野を担当したいと思っています。
 今回私が担当するのは、ノリのリン要求量調査、養殖真珠のDNA解析、鯉の疾病(KHV,SVC)の防疫対策、水産業改良普及業務など多岐にわたっています。一つ一つの業務に対し、丁寧かつ積極的に取り組んでいきたいと思っています。
 漁業関係者の方々に、気軽に声を掛けていただけるような水産技術屋になりたいと思っています。
 どうぞよろしくお願いします。

プロフィール
特技:外国語(ただし、鹿児島弁です。)、バンド(ベース担当)、テニスなど

(お願い) 鹿児島出身者は、お酒が強い。というイメージを持たれがちですが、私自身はあまり飲めません。しかし、飲み会の雰囲気は大好きなので、その際は声を掛けてください。

Vol.44 Topへ