なみなみ通信Vol.52


ちびっこ水産教室の開催

 県では、これまで中学生を対象に、水産業に対する理解促進のための「少年水産教室」を県内合同で開催してきました。今年度からは、地域の水産業に対する理解をいっそう深めてもらうため、対象を小学生として、各海区それぞれで開催することになりました。
 豊前海区では、豊前市立宇島小学校5 年生を対象として、豊前海の冬期の重要な産業に成長したカキ養殖について学習する内容としました。
 当日は、研究所内で、ビデオ、資料などでカキ養殖の仕組みについて学習した後、実際のカキ筏での作業風景を調査船から見学し、その後、実際に筏から持ち帰ったカキの洗浄作業を体験してもらいました。筏から持ち帰ったままの状態では、ホヤなどの生物がカキに多く付着しています。このカキを1 個ずつ磨く作業を体験した子供達からは、「きれいにするのは結構大変だ」との感想が多く聞かれ、普段目にするカキの品質管理には、多くの手間がかけられていると実感しているようでした。
 
カキ養殖の学習

カキ磨きの体験
(豊前海研究所)

Vol.52 Topへ