豊前海研究所浅海増殖課 江崎 恭志

博多から豊前へ

 平成9年に県に採用され、しばらく行政の仕事をしていました。2年後に切望していた 豊前海研究所に転勤となり、研究所の若手研究員の一員として日夜精力的に?調査・研究に 取り組んでいます。生まれは有明の大牟田で、当初豊前に来たときは豊前言葉にとまどいま したが、漁師さんとのつきあいの中で今ではそれにも慣れました。

仕事は何でもやってやろう!

 今、主担当の仕事としては、ナマコの栽培・増殖場造成、プランクトン調査、カキ養殖漁場の 環境調査、普及業務と多岐にわたり、その他アカガイ養殖にも副担当で関わっています。特にカキ 等の二枚貝は漁業での重要度が大きいので、漁場環境調査など力を入れてやっています。
 大変なところもありますが、いろんな分野の仕事にタッチできるのは小さな研究所ならではの ことで、自分としては嬉しく思っています。

趣味はアウトドア

 本来、外で動き回ることが好きで、休みにはバイクを乗り回し、暇を見つけては各地の海や川で キャンプやカヌーを楽しんでいます。20代も瀬戸際にきて独身ですが、一緒にそういう遊びを してくれる女性を探しています(お心当たりの方はご一報を)。

(豊前海研究所浅海増殖課)


Vol.8 Topへ